企業向けのオリジナルバッグ・OEM生産・ノベルティなど幅広く手がけています!お気軽にご相談下さい!
販促・ノベルティグッズ
展示会バッグ
店舗グッズ
名入れ・プリント
採用事例の紹介
オリジナルバッグ・OEM
FAQ(よくある質問)
TOPに戻る
問い合わせ
採用実績
イメージ

名入れ・プリントについて

弊社の既存の商品に、オリジナルのプリントを加える事が可能です。
既に商品があるので出来上がりをイメージすることは簡単です。
低コストでオリジナルプリントが入ったバッグを希望する場合には、名入れによる別注をオススメしています。

名入れには大きく分けで<通常印刷><製品印刷>の2種類があります。

通常印刷について

通常印刷とは生地の状態にプリントを加えてから縫製する方法です。
生地からプリントするので多色図の印刷やバッグ全体へのプリントが可能です。

【メリット】
多色印刷が可能です
全面プリントが可能です(印刷範囲が限られません)
【条件】
ロットが必要となります
納期が必要となります※
通常印刷の流れのイメージ図


※商品によっては短い納期で納品可能なものもございます。まずはご相談下さい!!

製品印刷について

製品印刷とは既に縫製が完了した商品に印刷を行う方法です。
小ロット対応が可能で、短納期で仕上げる事ができます。

【メリット】
通常印刷に比べて、短納期で納品が可能です※1
小ロットでも対応が可能です(50枚~※2)
【条件】
単色の印刷が可能(多色印刷は出来ません)
プリント可能範囲があります

※1 商品在庫がない場合には、短納期での納期が難しくなります
※2 商品や内容によっては50枚での対応が難しい場合がございます

製品印刷の流れのイメージ図

名入れ・プリント 納品までの流れ

納品までの流れのイメージ図
  1. 1. まずは詳しいお話をお聞かせ下さい

    <枚数><プリントカラー数><サイズ><納期>等、決定している内容をお伺いして、条件に応じたアドバイスをさせて頂きます。

  2. 2. 見積もりをさせていただきます

    1. においてお伺いした内容をもとに、お見積もりをとらせていただきます。

  3. 3. 決定⇒注文
  4. 4. プリントカラー・清刷り・プリント位置の最終確認

    希望するプリントカラーや清刷りプリント位置について生産に必要な内容の最終確認を行います。 プリントカラー指定可能です。 清刷りはデータによる入稿でも可能。

  5. 5. 生産を開始します

    通常印刷の場合には生地にプリントして縫製、
    製品印刷の場合には製品へ印刷 を行います。

  6. 6. 納品

    商品完成後、納品指定場所に納品いたします。


詳しくはコチラのフォームからご相談下さい

ページトップへ